FXの初心者に対しての説明のあれこれ

FXについての記事を書いていこうと思います。

FXという言葉自体私自身数年前から大変よく耳にします。
まずこのFXとは何なんでしょうか。外貨投資のことで、外国為替保証金取引のことを言います。
まあ単刀直入にいうとFXとは投資のことを言います。

FXはギャンブルとは違います。ギャンブルのように一か八かで行うものではないからです。為替差益を出すのがFXの目標となってきます。そしてFXの取引は、株の取引きとは違い24時間での取引が出来ます。

私自身思うにはFXの最大の魅力はレバレッジだと思います。ではこのレバレッジとは何なのでしょうか。例えばの例を挙げてみます。まず使える資産が100万円とします。そしてその25倍の2500万の取引が出来ます。

つまり少額の資金で利益が出せるありがたいシステムんことをいいます。まあもちろんデメリットも存在します。FXでは損を出す利用者に強制ロスカットというのがあります。

簡単に言えば資金を失ってしまう前に勝手に決算されてしまうことを言います。

FX取引の初心者が心がけるべきこと

FX取引の初心者というのは、とにかく、大きく稼ぐことに目を向けがちです。FXで何億円も稼ぐことができたという話はよくきかれます。

しかし、それは、誰もができることではありません。そして、FX取引というものは、レバレッジというもののために、損失が出た時の金額も大きくなってしまいます。

初心者のうちは、大きく稼ぐことよりも、いかに安全に取引をおこない、損失を少なくするかを考えたほうがいいでしょう。

FX取引というものは、レバレッジの働きによって、自己資金よりも多くの金額を取引できます。たとえば、10万円の自己資金で100万円分の取引をおこなうことも可能です。

しかし、レバレッジが大きすぎると、損失が出た時の損失金額も大きくなってしまいます。初心者のうちは、レバレッジを低めに設定し、あまり欲を出さないことが大切だといえます。

また、ある程度の利益が出そうになったら、そこで利益を確定してしまうこともお勧めします。

まだまだ上がるとか考えてポジションを持ち続けると、為替相場は予想外の動きをしてしまいます。そういったことも理解しておくべきでしょう。

使い方によっては外貨預金よりいいかも

為替の上げ下げをみると、少しは外貨預金したほうがいいのかな、と思うこともありますが、実際に外貨預金したことのある額はほんの少しです。いざ預金しようとするとレートが不利で、なんだか損する気持ちになってしまいます。海外旅行に行くのならば絶対に換金しなければならないので割り切れるのですが、外貨預金はやっぱり「どれくらい儲けがでるのかな」と考えてしまいますからレートは大事です。

その点、FXは外貨預金と比べると、売り買いのレート差であるスプレッドがすごく小さくてお得なのでハードルが低いです。

FXというとなんだか怖いというか損しそうに思われますが、レバレッジをかけすぎずに無理のない範囲で始めたらいいのではないかと思います。これをすると、ほぼ外貨預金と変わらないリスクでずっとお得に運用できます。

通貨を持っていると得られるスワップポイントは通貨の種類ごとに違うので、スワップポイントがいい通貨を選ぶと毎日どんどん増えていくのでお得感倍増です。今、日本円はあまりの低金利で、預金していてもほんとうに雀の涙ほどしか金利が付かず腹が立つくらいです。

スワップポイントのいい通貨を買うと、少々の為替レートでの損失をカバーしてくれるくらいになるので、大幅な為替変動がなければ意外と堅実な運用ができるかもしれません。

興味はあるけれど

私は国内株式投資を数年前から始めました。

その中で、インターネットで色々と検索しているとFXという言葉もよく目にする機会があります。

しかし実際にFXというものがどういうものなのか詳しくは分かりません。

しかし初心者でも儲けられるというキャッチフレーズをよく目にするので株式容姿よりも簡単なのかなという印象があります。

またFXの口座を開設して取引をするとポイントをプレゼントするという会社もあるので、とても興味はあります。インターネットで口座開設もできて、入出金もできるようなので家にいながら簡単にできるという点は魅力的です。

もう少し詳しくFXについて調べてみて取引できるような知識を身につけたいと思います。いま株式投資で利用している口座の会社にもFXの口座があるようなのでもしFXを始めるなら同じ会社に登録した方が便利かなと思います。

今の時代正社員で働いている人も副業や株式投資FXなどで稼いでいる時代ですので少しでも儲けられたらいいなと思います。

FXの自動売買について思うこと

FXで継続的に利益を上げるためにはFX取引について必勝法を持っているほうがいいと思います。

自分で研究して考えだした必勝法があればそれに越したことはありませんが、完成度の高いオリジナルの必勝法を編み出すことは至難の業といってもいいでしょう。

インターネットを検索してみれば、FXについてのシステムトレードやパソコンにすべての売買を任せてしまうという自動売買のシステムも数多く見つけることができます。

本格的に利用したことはありませんが、シュミレーションなどで利用してみると、少なくともFXについての自動売買を使えばあまり負けることがないということは実感できます。

しかし、負けにくいということは買った場合もあまり大きく勝てないということもいえるので、大きく勝ちたいという人にはFXの自動売買システムはあまり適さないかもしれません。

まずは自分に合いそうな自動売買のシステムを見つけることから始めなければならないでのですが、

そういう時におすすめなのがアイネット証券が提供しているループイフダンです。
FXを始めたばかりの初心者でも簡単な操作ですぐに自動売買をはじめられる仕組みになっています。

自動売買と手動売買が向いている為替レートとのつきあい方

FXにおける手動売買と自動売買によるメリットはどこにあるのか、またトレーダーによって売買の使い分け方はあるのでしょうか。

まず手動売買というととの名の通り、トレーダーが自分のタイミングでエントリーしたり決済を完了させるというのもので、メリットはトレーダーが為替レートを見ながら投資できる確実性にあります。

対して自動売買は、トレーダーが為替レートから目を離しているときでも、事前に取り決めたレートにより自動売買が成立するので、為替レートの突然の変動に対応できるところがメリットです。

自動売買と手動売買一見異なるものですが、組み合わせて使うことでより利便性が増すのではないでしょうか。というのも為替レートは何も同じように動いているわけではなく、ときには手動売買のほうがいいときもあるのです。

しかし年中為替レートばかり見ていられるわけもなく、為替レートのタイミングで生活できないときには自動売買に切り替えた方が懸命かもしれません。使い分けて為替レートとうまくつきあいましょう。

スワップ狙いでのんびり投資

FXのイメージってチャートに張り付いてスキャルピングしている姿を想像される方が多いみたいです。

私も始める前はそうでしたが、投資スタイルは結構いろいろあるんですね。
秒から分単位での取引から、日単位の取引まで結構スタイルはいろいろあります。トレードに応じて見てるチャートの足が(Tick、分足、日足・・・)と変わるわけですね。
私は数日単位のトレードをやっていますが、合わせてスワップ狙いの長期トレードも行っています。週足や月足でトレードする感じです。

スワップとはいわゆる金利です。トレードを保持しているだけで金利がもらえるんです。
オーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフリカランドあたりがスワップポイントが高くメジャーです。

例えばオーストラリアドル(AUD/JPY)を1万通貨保有した場合、今日だけで38円金利がもらえます。

証拠金が3万2000円なので、年利で考えると43%の金利ですよ!

もちろん実際にはレートが上下しますのでもらえる金利以上にレートがさがると損してしまうし、さらに証拠金が必要になります。

週足・月足でぐっと下がった時に買うようにしてます。年に数回のチャンスですが意外と儲かってますよ。

スワップポイントで稼ぎ続けることも可能です

日本円というのは、低金利の通貨です。

しかし、FX取引で扱っている諸外国の通貨というものは、一般的に日本円よりも金利が高いです。そのため、FX取引では、この金利差による利益を得ることができます。そして、それがスワップポイントというものです。

FXを始めたばかりで、大きく稼ぐことができるような自信がないという人は、このスワップポイントで稼ぐこともお勧めです。レバレッジを低く設定すれば、安全にスワップポイントによる利益を期待できるでしょう。

ただ、この頃では、為替相場の動きというものが大きいです。そんなことから、急激な円高などによって、スワップポイントによる利益が吹き飛んでしまう可能性もあります。為替相場の動きについては、常にチェックしておいて、良いタイミングで決済するようにしましょう。

スワップポイントというものは、FX取引の初心者にとっては、ありがたいものだといえます。そして、大きな金額にはなりませんが、利益のもとになるといえるのです。

簡単に稼ぐならデイトレとスワップポイント狙いがおすすめ

FX初心者ができるだけ簡単に利益を上げられる方法には二つの方法があります。その一つがデイトレード、もう一つがスワップポイントを目的としたFXです。

どちらも投資期間は違いがあり、デイトレードは一日以内のトレードにたいして、スワップポイント狙いとなると長期的な投資が理想となります。それではこのうちのどちらは、どういうトレーダーに向いているのでしょうか。まずデイトレードはとにかく利益をあげたい、じっくり相場の様子見をするのは退屈だというトレーダー向きです。

デイトレードなのでその名前の通り一日以内にトレードが終わることかり成果をすぐにあげたい人にぴったりなのではないでしょうか。

そしてもう一つのスワップポイントねらいですが、たいしてこちらは長期的な投資がメインとにるゆえに、為替レートのことをきちんとチェックできるとほうがいいでしょう。

しかしデイトレードとは異なり毎日エントリーしなくていいのでそういう意味で煩わしさがないのがメリットでしょう。